消防法点検・工事

消防設備点検・防災設備点検・消火設備点検

火災時に消防設備は確実に機能しますか?

  • 火災をイメージ、資格者が確実に消防設備の点検を実施し、安全を「見える化」します!
  • 実績は北九州地区トップクラス。緊急出動は24時間体制。

消防設備定期点検 報告制度

点検

消防設備・防災設備は設置された時から火災発生に備え待機しています。そして火災の際は正しく機能して、火災の早期発見、 初期消火、避難・誘導など重要な役割があります。そのため、消防設備が正しく機能するかを定期的に点検することが必要不 可欠となります。

消防法では、対象物の所有者(管理者)は、国家資格者(消防設備士・点検資格者)に定期的に消防設備等を点検させ、その結果を所轄の消防署に報告が義務づけられています。

保有資格:消防設備士・点検資格者

消防設備の点検期間・報告期間

火災はいつ発生するか不明です。点検の際は必ず立ち会い、設備の状況の確認をおすすめします。

  • 点検結果は、法令の様式書類(点検結果報告書)で作成します。
  • 実施や報告は建物の用途により点検は年2回報告は年1回または3年に1回所轄の消防署へ提出します。

消防設備点検:点検内容と報告期間

消防設備点検の実施

当社では点検のご案内から点検実施、消防署報告まで一括でおこないます。

お問い合わせからの流れ・消防設備点検

点検適合機器に貼付する「点検済表示ラベル」

点検済表示ラベル

各都道府県の協会が消防設備点検に要する国家資格や、点検に必要な機器、 高い信頼と技術条件を満たした業者に公布されます。 当社は(一財)福岡県消防設備安全協会・北九州支部の会員登録第1号です。

消防用設備等点検済表示制度について(福岡県消防設備安全協会)

適正な消防設備の点検料金

適正点検チェックポイント

現在、多方面で「安い会社が良い会社」の評価により消防設備点検が規定通り実施されず、それに伴い火災時に重大事故となることが懸念されています。

適正点検チェックポイント(福岡県消防設備安全協会)

東和の対応とサービス

軽微な改修
高輝度以外の蛍光管、表示灯・受信機等の電球、消火器プレート等はその場で改修。
消防署届出
消防計画書・防火管理者選任届等の作成提出・消防訓練アドバイス実施協力を行います。
緊急対応
点検ご契約物件は24時間体制で誤報やトラブルに対応致します。
消防訓練
火災を想定し、関係者全員が無事避難できる消防計画の見直しが目的です。 消防訓練
改修御見積書
定期点検で確認された不良箇所の改修を、サービス価格で実施します。
経費削減
消防設備定期点検をベースに東和トータルシステムでコストダウンが可能です。(見積無料)

点検報告書の保管

点検報告書の保管点検報告書の保管

【消防関連管理キャビネット】(消防設設備点検・防火対象物点検・防災管理点検)

保管は消防法、ISOの基準に伴い物件毎にキャビネット、サーバーに保管、安全と品質管理の維持に努めています。

お問い合わせからの流れ:消防設備点検(御見積含む)

コストダウンのヒント 東和トータルシステム
安全と品質をお約束します
ISO
  • ISO9001:2015
  • (消防設備点検)
  • (特定建築調査)
  • (建築設備検査)

消防法や建築基準法で規定された点検・調査・検査などの報告業務は実績と経験豊富な東和にお任せください。