北九州の東和/建築基準法改正 対象拡大/防火設備検査新設!

法改正のポイント

1.対象建築物の拡大:安全上・防火上・衛生上、重要なものとして対象が拡大された

新たに指定される用途・・・

公会堂、集会場(結婚式場、葬祭場等)/グループ・老人ホーム、サービス付高 齢者向け住宅等/スポーツ施設 (体育館、ボーリング場、プール、スポーツの練習場等階数、面積等が広がる用途・・・病院、有床診療所 ・ホテル、旅館 ・物品販売業を営む店舗 ・飲食店
2.新たに防火設備定期検査が追加された。 防火設備とは・・・防火シャッター、随時閉鎖式防火戸、耐火スクリーン、ドレンチャーなどで、火災時に 熱や煙を感知し廊下、階段などを閉鎖し、延焼を防止する設備。・・・当社の管理物件では改正前からの実施事項です。
3.定期検査・調査の資格者制度の改正:「資格者」が違反行為をした時は資格者証返納命令」を実施する。 防火設備検査は、専門的な知識と技能を有する者( 防火設備検査員)が検査を行う仕組みが導入された。 ( 新設)防火設備検査員/(改正)特殊建築物調査資格者⇒特定建築物調査員/建築設備検査資格者⇒建築設備検査員●赤字は当社保有資格検査員昇降機検査資格者⇒昇降機等検査員)

「東和トータルサービス」をコストダウンにご活用ください!

Ⅰ.東和トータルサービス・・・

全て自社対応(報告書・図面・写真・届け出まで一括対応) 定期報告業務をトータルで対応、お客様のコストダウンを反映、北九州地区・福岡地区で実績多数! ( 防火設備検査・特定建築物調査・・・10年毎の全面打診調査含・建築設備検査・消防設備点検 )

Ⅱ.建築物・定期報告業務・ISO・・・

報告業務のISO9001(品質マネジメントシステム)をトータルで取得しています。

1.防火設備定期検査 (毎 年)

●当社では改正前から「消防設備点検 」の付帯項目として実施しています。

・・・北九州・福岡地区で実績多数!

2.特定建築物定期調査 (3年毎)

●10年毎の 全面打診調査のみもお受けしています・・・

当社の“足場不要で費用も安い”外壁調査をご活用下さい。

3.建築設備定期検査 (毎 年)

●対象: 劇場・映画館・ホテル・病院・有床診療所・百貨店・マーケット・飲食テナント

Ⅲ.外壁詳細(劣化)調査・・・

目視ではタイルの浮きや剥離などは判別不明です。

詳細打診調査により、状況図面/浮きタイル枚数・クラック等の集計表/状況写真を含む「詳細報告書」を作成。

1) 定期大規模修繕工事に伴う資料に活用・・・「詳細報告書」で外壁補修関連の見積数量や工事範囲が 明確となる。

◎お問い合わせはお気軽に(8:30~19:00)

093-681-0119

福岡県北九州市八幡東区上本町1-9-43
会 員◇福岡県消防設備安全協会/福岡県ビルメンテナンス協会(賛助会員)

◇北九州市防災協会/北九州市消防設備士会 株式会社東和防災システム TEL: 093-681-0119