消防法点検・工事

防災管理定期点検

大規模地震等に対応した自衛消防力の確保

  • 大規模高層ビルや建物の防災管理のため「 防災管理定期点検制度 」が施行されました。
  • 防災管理点検資格者・消防計画・点検報告書・点検済の表示等の設定や見直しが必要です。

防災管理点検・報告制度

過去の大地震で大きな災害が発生している状況を踏まえ、大規模地震等の災害を軽減し、防災管理上必要な業務を実施するため、一定の大規模・高層の建築物等の管理について権限を有する者は、建築物等の防災管理の状況を防災管理点検資格者に点検させ、その結果を消防署長に報告することが義務付けられました(改正:2007年6月 施行:2009年6月1日)

保有資格の説明:防災管理点検資格者

防災管理のイメージ

  • 地震発生

    地震発生

  • 避難誘導

    避難誘導

  • 避難経路はスッキリ

    避難経路はスッキリ

  • 余裕があれば消火活動

    裕があれば消火活動

  • 集合場所で点呼

    集合場所で点呼

  • 防災グッズ常備

    防災グッズ常備

  • 手当しましょう

    手当しましょう

点検内容・防災管理点検の対象

  • 点検・報告

    毎年1回(3年間法令を遵守、消防署から認定された場合、報告が3年免除される「特例認定制度」もあります)

  • 点検の資格者

    防災管理点検資格者(指定講習を修了し、免状の交付を受けた者)

  • 点検は防災管理に関する点検基準に定められた項目を実施。(主な事項)
    • 災に係る消防計画の作成(変更)届出の有無
    • 防災管理者の選任(解任)に係る届出の有無
    • 自衛消防組織の編成、任務の分担及び指揮命令系統に関する事項
    • 地震発生時における物品の落下、転倒、移動防止措置に関する事項など

対象・規模

防災管理定期点検の詳細(日本消防設備安全センター)

点検済表示制度(防火・防災セイフティマーク)について

表示することにより、利用者に消防法令に適合していることを情報提供する。「防災管理点検資格者」が実施、点検結果が基準に適合している場合は、消防署へ申請により対象物の点検内容により「点検証」の表示をすることが出来る。

お問い合わせからの流れ:防災管理定期点検(御見積含む)

コストダウンのヒント 東和トータルシステム
安全と品質をお約束します
ISO
  • ISO9001:2015
  • (消防設備点検)
  • (特定建築調査)
  • (建築設備検査)

消防法や建築基準法で規定された点検・調査・検査などの報告業務は実績と経験豊富な東和にお任せください。